ファスティング(断食)の回復食におすすめ!スッキリ大根(スッキリだいこん)の作り方と食べ方

断食(ファスティング)中の食事
この記事は約4分で読めます。
断食アルパカ
断食アルパカ
ファスティング明けって正直何を食べたら良いのか分からないなんて声をよく耳にします。本当は食物酵素の摂取にグリーンスムージーのようなものが一番なのですが、寒い時期に生野菜なんて…、そもそもミキサーなんて持ってないわよ…と、それも難しいってことが多いのではないのでしょうか?
ということで今回は「スッキリ大根」という温かい上に、腸まできれいにしてしまおうというレシピを紹介します。

スッキリ大根とは…

分子整合美容医学食育協会(ファスティングマイスター)の断食メガネこと田中裕規さんがオススメしているファスティング(断食)明けに食べると良いとされている食べ物の一つです。特別顧問の山田豊文先生(杏林予防医学研究所 所長 他)も「よいと思うよ!」とおっしゃっていました。

なぜスッキリ大根を食べるのか

大根を食べると食物繊維が腸内をブラッシングするようなイメージでキレイにお掃除してくれます。
そうすることで、腸内環境を整え、腸の中からキレイになっていきます。

ファスティング(断食)明けの回復食一回目である一番最初の食事でいただきます。腸の中が空っぽの時が、一番効果が高いです。断食メガネの田中さんは朝が良いと言っていますが、常に半日ファスティングをしている方(そもそも朝食を取らない方)はお昼でもOKです。

レシピ

スッキリ大根

材料

  • 新鮮な大根 1/3本
  • だし昆布 適量
  • 梅干し(無添加だと◎) 3個(種を取りたたき梅にします)
  • その他、リンゴ、きゅうり、味噌(この3つはあっても、無くてもよいです)

また、マナ酵素KALAなどのファスティング用ドリンクを20ml~30ml用意して6倍程度に希釈し小まめに飲みましょう。食物を摂取することでインスリンが分泌されるのですが、大根は低糖質なため軽い低血糖症状が出る方がいらっしゃいます。

作り方

  1. 大根1/3本を短冊切りにする。
  2. 鍋に2,000ml程度の水と大根、だし昆布を入れ、大根がやわらかくなるまで 弱火で炊く。(約40分)
  3. これだけで完成です。簡単ですね。

*塩味等の味付けは一切行いません。(ファスティング明けは味覚が敏感になっています)
*後ほど茹で汁1,000ml程度を、梅湯を飲むために使います。取っておいてくださいね。

食べ方

  1. コップ1杯(300ml程度)のミネラルウォーターを温めてゆっくり飲む。
  2. 湯飲みにたたき梅を入れ、お湯を300ml注ぎ、梅湯をゆっくり飲み干す。
  3. やわらかく茹でた大根を「良く噛んで」食べる。
    味噌を添えても良いです。なるべく麹菌が生きた味噌が良いですよ。
  4. 大根の茹で汁300mlにたたき梅を入れ、茹で汁梅湯を飲み、大根を食べる。
  5. 3番~4番を合計3回以上繰り返しましょう。
  6. トイレが落ち着いた後(1時間後)は必ず酵素ドリンク20ml~30mlを1:6に薄めて小まめに飲んで、エネルギー補給を行って下さい。

*たくさんの水分を飲むことになりますが10分~1時間ほどで便意をもよおします。
*リンゴ、きゅうりは食べても、食べなくても良いです。

ポイント

・最初の梅湯は胃の働きを促すためゆっくりと飲んで下さい。
・梅湯に入れる梅干しが少ないと水便が出にくいので、お湯1杯に対し梅干し1個分は入れて下さい。
・2杯目以降の梅湯は大根の茹で汁で作って下さい。
・大根はよく噛んで食べましょう。大根の食物繊維が腸を洗います。
・食後、60分~90分たっても便意がない場合は、お腹のマッサージを行ってみてください。

断食アルパカ
断食アルパカ
スッキリ大根もオススメですが、3日以上のファスティングをおこなった場合には、流動食から始めていただいたほうが安全です。現代人に不足しがちな酵素を補えるグリーンスムージーもオススメです。断食道場では準備食と回復食の段階でこのスムージーが基本になりますので、よろしければ合わせてご覧ください。
準備食にも回復食にもオススメ!グリーンスムージー(青泥)の作り方
準備食および回復食の初期段階においてグリーンスムージーほど優れたメニューは他にはありません。現代人は酵素が不足しがちと言われています。ぜひ取り入れていきましょう。
断食アルパカ
断食アルパカ
酵素って…そもそも何?という方は、こちらのYouTubeにて解説しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました