準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】わかめ(ワカメ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

生でも、乾燥でも栄養がさほど変わらないのはありがたいですね。乾燥なら、小分けで少量ずつ使うこともできますね。また、カルシウム含有量はスプーン1杯の海藻>グラス1杯の牛乳で100倍も違うそうです。断食明け、胃腸が慣れてきたら、早めに取り入れてあげたいですね。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】もろこし(高黍・たかきび)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

「もろこし」と「とうもろこし」が違うものだというのは驚きです。長野県民や山梨県民は「とうもろこし」のことを「もろこし」と言い表すので、違いを初めて知りました。それぞれの栄養素を効率よく摂取しましょう。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】かれい(カレイ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

美味しい魚ではありますが、海底に住む魚ですので、有害金属の摂取につながることもありますので、多量に食べたら、ファスティングをして、抜くことも大切ですね。
2020.06.12
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】キャベツ(きゃべつ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

生食ができるだけでなく、炒めものやスープなどいろいろな調理方法も楽しめ、食べ飽きずクセもないため、大人から子どもまで幅広い世代の方に好まれる野菜です。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】じゃがいも(ジャガイモ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

身近な食材であるじゃがいもは、調理の幅も広く、ビタミンCも豊富に含まれている優秀な食品です。時期によりますが、新じゃがを食べるようにすると良いですね。
2020.05.28
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】ごぼう(ゴボウ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

ごぼうは腸内環境を整える効果が抜群ですね。皮も極力一緒に食べるようにすると良いでしょう。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】鶏肉(にわとり)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

トレーニングをされる方には人気の高い食品である鶏肉。動物性食品であるため、タンパク質等は豊富ですが、摂取については自己責任となります。
2020.05.20
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】こんにゃく(コンニャク・蒟蒻)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識・レシピ

ダイエット食品としてのイメージが強いこんにゃくですが、ファスティング前後の準備食や回復食にも利用することができます。上手に活用すると肉の代用食になったり、不溶性食物繊維の力でお腹のお掃除をしてくれたりと、いいこと尽くしです。お役立ちレシピもあります。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】寒天ゼリー(寒天)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

低カロリーの寒天でご飯の嵩増しをしたら、少量のご飯でも、満足感が得られそうですね。だからと、全てを置き換えてしまうと、やはり、栄養バランスとしては気になります。適度に取り入れてあげましょう。
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品

【準備食・回復食】豆腐の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

女性ホルモンと似た働きをしてくれるのは女性にとっては嬉しいですね。食べ合わせをすることで、マイナスの面を補ってくれることもあるので、様々な調理方法で、摂取したいですね。
2020.05.04
タイトルとURLをコピーしました