【準備食・回復食】醤油(しょうゆ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

醤油
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

そのイメージから日本が原産地を思われがちですが、ルーツは古代中国と言われており、「醤(じゃん)」という調味料が元となっているとされています。日本に渡ってきた正確な年代は不明ですが平安時代には「醤」という調味料が存在していたので古くからあったようです。また、近年では日本以外でも醤油が使用されるようになり、海を超えて世界各国、様々な料理で扱われるようになりました。

栄養成分と効能

ご存知の方は多いかと思いますが、醤油は大豆から作られているため様々な栄養素が含まれています。大豆には「大豆ペプチド」という成分が含まれており悪玉コレステロールの減少を促したり、エネルギーの代謝を促進したりと、脂肪燃焼などのダイエット観点からも様々な効能があると言えます。また、大豆にはビタミンB1も多く含まれており糖質をエネルギーに変換するなどを行う効果もあります。もちろん醤油にも含まれていますので、調味料として使用しながら摂取ができますね。醤油自体のカロリーも100gあたり71㎉と低く、100g程度も使用することはあまりないため比較的低カロリーといえるでしょう。しかし一方で、塩分濃度が高く、過剰摂取すると高血圧などの疾患につながってしまいます。塩分濃度は醤油の種類によって変化しますが気を付けたい点ではあります。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。味噌とともに日本を代表する発酵食品調味料です。他の調味料や甘味料が添加されているものも多いため、なるべく無添加の物を適量摂取するようにしましょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 必要な一日の量は特に決まっておりません。多く摂る必要はありませんので日本人の平均塩分摂取量10gを超えないくらいが目途になるでしょう。
  • いつもの食事に醤油を使用した料理を混ぜるだけで醤油の栄養素は摂取することができます。あまり醤油を使用しないという方は1~2品から増やしてみるのも良いでしょう。
  • 薄口や濃口など様々な種類がありますがどれも大豆でできておりますので好みに合わせて使用して大丈夫です。
  • 塩分濃度の高い調味料となりますので、過剰摂取はしないようにしましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
高血圧などの疾患を招かないよう、過剰摂取には注意して、普段の食事に取り入れていきましょう。
【準備食・回復食】漬物の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
漬物の栄養素などを紹介します。漬物は種類によっては管理が難しいものもありますが、キットなどをうまく活用して、回復食の楽しみに自分で作ってみるのも楽しそうですね。きっと、涙が出るほど美味しいでしょう。

食品データベース 「しょうゆ」
Wikipedia 「醤油」

オンライン断食指導モニター

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

断食アルパカをフォローする
断食道場オンライン

コメント

  1. […] 【準備食・回復食】醤油(しょうゆ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識醤油の摂取についてのアドバイスです。高血圧などの疾患を招かないよう、過剰摂取には注意 […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました