チョコレートの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

チョコレート食品

豆知識

種類として「チョコレート」または「準チョコレート」があります。一見すると同じように感じますが、実は双方でカカオ分が全く違い、正式に決められた配分で名前が定められています。「チョコレート」は、“カカオ分が35%以上か、カカオ分21%以上で乳固形分と合わせて35%を上回り全重量の60%以上のもの”と決められていますので、手に取った際は確認してみましょう。また、チョコレート菓子と準チョコレート菓子も同様に違いがあります。

栄養成分と効能

他の食品にはあまり含まれない「カカオポリフェノール」が豊富に含まれています。商品にもよりますが、カカオポリフェノールを主成分とした種類も販売されています。これには動脈硬化の発生低減効果があり、心臓病などの重大な疾患を回避することにも役立ちます。また、他にも「リグニン」という食物繊維が含まれているため便秘の予防にも効果が期待できるのです。このように、あまり目立たないですが腸内環境の改善にも一役買ってくれます。そしてさらに、「テオブロミン」というリラックス効果をもった成分も含まれており、ストレスの緩和も図ることができるでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • チョコレートは砂糖が余分に入っている可能性がありますので、カカオ分が高くポリフェノールが多く含まれるものがおすすめです。できるだけカカオの含有量が高いものを選びましょう。
  • 「チョコレート菓子」ですと、糖分や脂質が高くなりやすい傾向がありますので、クッキー生地が混ざっていないか等も併せて注意してください。
  • チョコレートを溶かしてあたたかい豆乳などと一緒にいただくと更なるリラックス効果が期待できます。
  • 1日に板チョコの1列で動脈硬化の低減につながるとされていますが、大量に食べれば効果が増すということではありません。またダイエットにも効果があると謳われていますが、糖分が多いチョコレートは食べ過ぎると逆効果ですので、常に適量を心掛けましょう。
    • まとめ

      断食アルパカ
      断食アルパカ
      準備食、回復食時は避けるべき菓子類・甘味類ですが、「どうしても甘いものが食べたい!」「食べなければならない」という場面もあるかと思います。その場合、上記の通りできるだけハイカカオ高ポリフェノールのものを選ぶように心掛けましょう。

      食品データベース 「ミルクチョコレート」
      Wikipedia 「チョコレート」

コメント

タイトルとURLをコピーしました