【準備食・回復食】チョコレートの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

チョコレート
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約3分で読めます。
オンライン断食指導オンライン断食指導

豆知識

種類として「チョコレート」または「準チョコレート」があります。一見すると同じように感じますが、実は双方でカカオ分が全く違い、正式に決められた配分で名前が定められています。「チョコレート」は、“カカオ分が35%以上か、カカオ分21%以上で乳固形分と合わせて35%を上回り全重量の60%以上のもの”と決められていますので、手に取った際は確認してみましょう。また、チョコレート菓子と準チョコレート菓子も同様に違いがあります。

栄養成分と効能

他の食品にはあまり含まれない「カカオポリフェノール」が豊富に含まれています。商品にもよりますが、カカオポリフェノールを主成分とした種類も販売されています。これには動脈硬化の発生低減効果があり、心臓病などの重大な疾患を回避することにも役立ちます。また、他にも「リグニン」という食物繊維が含まれているため便秘の予防にも効果が期待できるのです。このように、あまり目立たないですが腸内環境の改善にも一役買ってくれます。そしてさらに、「テオブロミン」というリラックス効果をもった成分も含まれており、ストレスの緩和も図ることができるでしょう。

ダイエットの強い味方 食物繊維の効果
皆さんは食物繊維を1日にどれくらい摂っていらっしゃいますか?便秘気味だな?太りやすくなったなと感じている方は食物繊維の摂取量が足りていないかもしれません。今回はファスティングをするとき以外でも覚えて損のない知識、食物繊維の効果についてお伝えします。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取は避けた方が良いでしょう。もし、摂取する場合にはせめて、回復食3日目以降に。そして、ハイカカオ高ポリフェノールのものにしましょう。

効果的な食べ方・アドバイス

コメント

タイトルとURLをコピーしました