食パンの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

食パン食品

豆知識

パンは種子島に漂着したポルトガル船から伝わったため、英語の「ブレッド」ではなくポルトガル語の「パオ」が由来となり日本では「パン」と呼ばれるようになりました。また、食用のパンと、木炭デッサンの時に消しゴムとして使用するパンを区別するために「食パン」と呼ばれるようになったと言われています。

栄養成分と効能

主な栄養素は炭水化物です。精製された小麦を原材料に使っているため、GI値が高く、大量に摂取すると不調を引き起こす可能性があります。タンパク質やカルシウム、鉄分も含んではいますが、それほど多くはありません。さらに忘れてはならないのが、トランス脂肪酸や乳化剤、ph調整剤などの添加物を非常に多く含んでいる点です。トランス脂肪酸は、摂取量が多いほど心臓病になるリスクが高くなるという報告があり、味を良くするために添加される乳化剤は、その有害性が指摘されています。ph調整剤はリンの過剰摂取を助長するため、カルシウムの吸収を阻害してしまいます。また、食パンのもちもち感をひきだすグルテンは、消化が難しい人やアレルギー反応を起こす人がいるという報告があります。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 比較的安価で手に入りやすく、おいしい食品であるのですが、上述したように非常に多くの添加物が含まれているため、できるだけ摂取を控えたい食品と言えるでしょう。
  • 安価なものほどトランス脂肪酸や乳化剤をはじめとする添加物が多く含まれている傾向があります。できるだけ「乳化剤不使用」「添加物不使用」のものを選ぶようにしましょう。「低GI」「低糖質」であるとさらに良いです。
  • オーガニック食品取扱店など、原材料にこだわっているお店のものは身体に悪影響をおよぼす成分を極力排除して作られているものが多いです
  • マーガリンは代表的な高トランス脂肪酸の食材です。マーガリンを塗った食パンは可能な限り避けたいメニューです
  • ほとんど咀嚼も行わず、牛乳等で食パンを流し込むように食べるのは避けましょう。牛乳にも問題が指摘されつつあるため、食べ合わせも含めて「食の悪循環」になります。
  • 食パンを摂取すると不調になる場合は、グルテンアレルギーもしくはグルテンの消化が難しい体質の可能性があります。その場合は、食パンをはじめ小麦粉製品を避けるようにし、どうしても食べたい場合はグルテンフリーのもの選ぶようにしましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
トランス脂肪酸は世界的に非常に問題視されています。また、添加物や乳化剤も非常に避けたいところです。手軽に摂れる食品だからこそ、摂取量も多くなりがちです。気をつけましょう。

食品データベース 「食パン」
Wikipedia 「食パン」

コメント

タイトルとURLをコピーしました