【準備食・回復食】きくらげの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

きくらげ
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約3分で読めます。
オンライン断食指導オンライン断食指導

豆知識

「くらげ」とつきますが、きのこの仲間です。乾燥した「くらげ」に味が似ていることから、樹に育つ「くらげ」として名前がつけられたと言われています。また、形が人間の耳に似ていることから、樹になる耳として中国では「木耳」と表記します。

栄養成分と効能

主に「ビタミンD」を豊富に含んでいる食材です。そのため、骨を強くしてくれる作用や免疫力を高める、または、がんを予防する効果が期待できます。ビタミンDは日光を浴びることで体内生成できますが、日光を浴びる時間が不足している現代人にとって不足しやすいビタミンですので、積極的に食品から補給したいビタミンといえるでしょう。また、食物繊維も豊富で、同量のごぼうと比較すると3倍近い量を保有しています。食物繊維は整腸作用が期待されており、また、糖の吸収を穏やかにし、糖尿病や肥満の予防に効果があるとされます。満腹感も得られやすくなるため、ダイエットにも有効な食品と言えるでしょう。ミネラルも豊富であり、カリウムは体内の水分バランスを調整してくれる作用がるため、むくみを撃退してくれる効果があります。また、女性に不足しやすい鉄分も他のキノコ類に比べると豊富に含まれております。貧血やめまいが起きやすい人にはおすすめです。カルシウムは同量の牛乳よりも豊富であり、骨を強くしてくれる効用が期待できます。

【準備食・回復食】ごぼう(ゴボウ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
ごぼうは腸内環境を整える効果が抜群ですね。皮も極力一緒に食べるようにすると良いでしょう。
【準備食・回復食】牛乳の栄養価・効能・効果的な飲み方・アドバイス・豆知識
学校給食等では積極的な摂取をすすめられる牛乳ですが、専門家の中でも摂取については賛否が分かれます。アドバイスの中にもありますが、自己責任において摂取してください。
ダイエットの強い味方 食物繊維の効果
皆さんは食物繊維を1日にどれくらい摂っていらっしゃいますか?便秘気味だな?太りやすくなったなと感じている方は食物繊維の摂取量が足りていないかもしれません。今回はファスティングをするとき以外でも覚えて損のない知識、食物繊維の効果についてお伝えします。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。きのこ類に分類されます。ファスティング後は鉄分が不足している場合も多いですので、鉄分を補ってあげる点でもおすすめです。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 乾燥きくらげは長期保存ができ扱いやすいですが、水かぬるま湯でもどす必要があります。また、水やぬるま湯でもどすときに長時間浸すと食感に影響が出るので、時間には注意しましょう。
  • 水でもどした乾燥きくらげには、石づきとよばれる硬い部分があることがあります。この部分は食べられないので包丁などで切り落として調理に使用しましょう。
  • 生きくらげ(乾燥処理されておらず、湯通しするもの)は、乾燥きくらげのコリコリとした食感とは違い、ぷりぷりの食感を楽しむことができます。サラダにいれて食べるときは、湯通しする必要があります。炒める、もしくは、スープに入れて調理するときは、湯通しする必要はありません。
  • 生きくらげを保存する際は冷蔵庫にいれて保存することが大事です。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
きくらげはミネラル、鉄分、カルシウムが豊富なキノコです。ダイエットにも有効な食品ですので、積極的に摂取していきましょう。
まごわやさしい(まごはやさしい)食材とは?栄養価とレシピを紹介
「まごわやさしい」(まごはやさしい)とは?まごわやさしい(まごはやさしい)食材は健康維持増進に理想的で、人間が生きていくために必要な栄養素であるビタミンやミネラルを豊富に含んでバランスの良い食材を語呂合わせした単語です。食材やレシピを見てみましょう。

食品データベース 「きくらげ」
Wikipedia 「キクラゲ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました