【準備食・回復食】バナナの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

バナナ
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

栽培の歴史はパプアニューギニアから始まったと考えられています。日本に初めてバナナが伝わったのは明治時代とされており、当時は台湾から輸入していました。

栄養成分と効能

余分な塩分を排出し、高血圧を防ぐ効果のあるカリウムが特に多く含まれています。その他にも、ビタミンCや葉酸、ポリフェノール・脂質など、様々な栄養素を含む優秀な食品と言えるのです。また、糖質や脂質をエネルギー化するのに不可欠な栄養素であるビタミンB群の含有バランスが良いことも嬉しいポイントです。これらが不足すると、余分なものは体脂肪として蓄積されやすくなるのです。また、バナナに含まれている成分がナイアシンやカルニチンなどの脂肪燃焼を促進する成分を合成する特徴もあります。アミノ酸の一種であるトリプトファンなどの栄養素から合成されるセロトニンは、バナナにも多く含まれる成分ですが、このセロトニンには脳の働きを活性化し、リラックス効果だけでなく集中力を高める働きがあることがわかっています。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。グリーンスムージーが食べにくいという方は、材料の一つに加えて頂くと、甘味が出て食べやすくなるでしょう。

準備食にも回復食にもオススメ!グリーンスムージー(青泥)の作り方
準備食および回復食の初期段階においてグリーンスムージーほど優れたメニューは他にはありません。現代人は酵素が不足しがちと言われています。ぜひ取り入れていきましょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 炭水化物やカリウムが豊富なため、1日1〜2本の摂取を目安にしましょう。
  • 睡眠中に失われた栄養を補ったり、すぐにエネルギーに変わったりし、その効果も持続するため、朝の一日のスタートにはもってこいの食品です。
  • 食事の30分前にバナナと水分を一緒に摂ると、食物繊維が急激な血糖値の上昇を防ぎ、脂肪の蓄積をおさえたり、食べ過ぎも防止したりする効果があります。
  • リラックス効果があるため、就寝の約2時間前に半分程度食べることで、快眠効果が得られ、また、睡眠障害を改善すると言われています。
  • 運動後30分以内に食べると筋肉を補修し、疲労回復に効果があると言われています。
  • 冷凍バナナはポリフェノールが増え、加熱されたバナナはオリゴ糖が増えます。美容効果には冷凍バナナ、便秘解消には加熱バナナがより効果的です。
ダイエットの強い味方 食物繊維の効果
皆さんは食物繊維を1日にどれくらい摂っていらっしゃいますか?便秘気味だな?太りやすくなったなと感じている方は食物繊維の摂取量が足りていないかもしれません。今回はファスティングをするとき以外でも覚えて損のない知識、食物繊維の効果についてお伝えします。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
甘くて栄養が豊富で、気軽に食べられるバナナは、体に嬉しい果物ですね。1日の摂取量に気をつけ、ダイエットや美容等に役立てましょう。

食品データベース 「バナナ」
Wikipedia 「バナナ」

オンライン断食指導モニター

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

断食アルパカをフォローする
断食道場オンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました