ファスティング(断食)中って、お薬は飲めるの?

断食(ファスティング)の基礎知識
この記事は約3分で読めます。

意外にも多い、ファスティング中の服薬相談

ファスティングを行う上での相談で上位に入ってくる相談の一つが服薬についてです。

血圧降下剤やピル、生理薬、頭痛薬、胃薬など種類は多岐にわたります。

では、それらを含めた、ファスティング中の服薬についてどうなのでしょうか?

結論

結論としては避けましょう

「えっ!じゃあ、飲んでも大丈夫?」というと、そうではありません。

私たちは医者ではないため、医師法に基づき、明確に「飲んでも良いですよ」ですとか「絶対に飲まないでくださいね」と指導することができません。

しかしながら、ファスティング中やファスティング直後などにおいては、体の状態を「乾いたスポンジのよう」と形容されるように、食事の吸収率同様に、薬の吸収率も高まっています。

よって、薬の想定されている効き目よりも効きすぎてしまったり、予期せぬ副作用が出てしまうことがあるのです。

治験って知っていますか?

あなたは、「治験」という言葉を耳にしたことはありますか?

最近であれば、コロナウィルス感染症の感染拡大、蔓延によって「特効薬の治験を実施する」など、ニュース等で耳にすることも増えたのではないでしょうか?

治験とは

薬が多くの患者の治療に使われるようになるために、「薬の候補」となる物質を選び出して、動物やヒトで作用・効果・安全性などを調べています。このうちの「薬の候補」を健康な成人や患者に使用して、効果や安全性、治療法(適正な投与量や投与方法)などを確認する目的で行われる「臨床試験」のことを「治験」といいます。

臨床試験とは、健康な成人や患者を対象に新しい薬や治療法の効果や安全性を科学的に調べる方法です。

簡単に言うと、世の中にこの薬を出しても安全に使えるかということを調べる、臨床試験のことです。
元々は、「療の臨床試」の略です。

治験を行う時の基本

治験に使われる薬の種類によるところもありますが、飲み薬(内服薬)に関しては、基本的に食事管理がされた環境下で、薬効の確認がされています。

つまり、1日に3回ほどの食事を摂り、これくらいの量を食べるであろうという前提条件があり試験が行われています。
この時に、何も食べずに服薬するということは想定されていません

食事を摂取した上での服薬の安全性は認められていても、食事を摂取していない状態での服薬の安全性は確認されていないものもあるのです。

相談をしましょう

服薬をされていらっしゃる方で、ファスティングに取り組もうと思われていらっしゃる方は、一度、お医者様に相談をしてみましょう。

安全にファスティングを行うことを考えますと、お医者様に相談していただいた上で取り組んでいただくことは、安心の材料ともなります。服用されている薬の種類によっては断薬することができないものもあると思われます。

かかりつけ医であれば、電話での相談も可能と思われますので、ぜひ、相談をしてみてください。

まとめ

基本的には服薬をしながらのファスティングは推奨されていません。

ピルを服用されている方は、休薬期間もあるかと思います。その時に行っていただくのも良いでしょう。

もし、服薬の中断も、ファスティングの実施も止められてしまった場合には、「まごわやさしい」を意識した食事に食事改善を行うこともダイエットや体質改善には有効と言われていますので、取り入れてみてくださいね。

まごわやさしい(まごはやさしい)食材とは?栄養価とレシピを紹介
「まごわやさしい」(まごはやさしい)とは?まごわやさしい(まごはやさしい)食材は健康維持増進に理想的で、人間が生きていくために必要な栄養素であるビタミンやミネラルを豊富に含んでバランスの良い食材を語呂合わせした単語です。食材やレシピを見てみましょう。
準備食にも回復食にもオススメ!グリーンスムージー(青泥)の作り方
準備食および回復食の初期段階においてグリーンスムージーほど優れたメニューは他にはありません。現代人は酵素が不足しがちと言われています。ぜひ取り入れていきましょう。
オンライン断食指導モニター

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

断食アルパカをフォローする
断食道場オンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました