タピオカの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

タピオカ 食品

豆知識

「キャッサバ」というイモの一種から作られるタピオカは昔から存在しており、食用というよりは工業製品などに多く使用されていました。見た目の黒色が特徴的ですが、加工前は白色をしています。タピオカドリンクの発祥地である台湾では、すでに国民的な食品となっており、主食と置き換えるほど根強い人気を博しています。日本でも人気があり、専門店も多数存在します。

栄養成分と効能

ほとんどが炭水化物でできているため高栄養ではありませんが、炭水化物は体のエネルギーとなるため必ずしも悪いとは言い切れず、むしろエネルギー不足の体には好都合だという面もあります。さらにタピオカはかなり腹持ちがよいため主食と置き換える方法もあり、うまく活用すると無理のない置き換えダイエットなどが期待できる面もあります。また、「タピオカミルクティー」などが流行し、「タピオカ=高カロリー」という見解が広まっています。確かに100gあたり346㎉とカロリーは低くはありません。しかし多くのタピオカドリンクには100gも含まれていないため、高カロリーになってしまうのはその他のフルーツや砂糖などが原因として挙げられます。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 食用ですと「タピオカパール」という名前になります。
  • 炭水化物が多く含まれているので腹持ちがよく、主食と置き換えることでダイエット効果も期待できます。
  • ミルクティーや市販のものはとても美味しいですが高カロリーになってしまいますので、ソイラテに入れるなど自作をし、栄養素を調節していくとよいでしょう。
  • アイスクリームと混ぜると食感がおもしろく、新感覚のデザートを味わうことができます。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
タピオカは単体でも食べ過ぎるとかなりカロリーが高くなってしまいますので、置き換える際は野菜やタンパク質などと掛け合わせるようにしましょう。

食品データベース 「タピオカパール」
Wikipedia 「タピオカ」

タイトルとURLをコピーしました