【準備食・回復食】カシューナッツの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

カシューナッツ
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

中南米原産のウルシ科の常緑高木「カシュー」の種子。カシューの木は日本では「カシューナットノキ」と呼ばれており、その独特の形をした実から「勾玉の木」とも呼ばれています。

栄養成分と効能

カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は亜鉛や鉄などのミネラルと、ビタミンB1等のビタミン類です。特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、育ち盛りの子どもや骨粗しょう症予防として高齢者の方におすすめです。また、鉄分も豊富ですので、貧血予防にも効果的です。疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富であり、健康で健やかな毎日を送るために非常に効果的と言われています。さらに、食物繊維が豊富であり、美容、ダイエットの効果や、便秘の方はお通じの改善にも有効です。カシューナッツの脂肪分は多いですが、約60%がオレイン酸で構成されていますので、コレステロールの排出効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。

準備食・回復食での摂取について

摂取可能ですが、回復食初期には消化の点で非常に負担が大きく、含まれる脂肪分によって具合の悪くなる方、吹き出物が出るという方もいらっしゃいます。もし、摂取するのであれば、よく噛むこと、回復食期の中でも後期から食べて頂くと良いでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 成人女性の1日の適切な摂取量の目安は「片手で掴める量」です。食べ過ぎるとお腹を下す可能性があるので適量を心掛けましょう。
  • ダイエット目的であれば間食として1日数回に分けて食べることを、健康維持が目的であれば食事と一緒に摂ることをおすすめします。
  • 購入の際は「無塩」「素焼き」の物を選ぶようにして下さい。塩分の摂り過ぎは言うまでもなく健康にとってマイナスです。また、味付けに塩気が無くても噛めば塩味を感じることもできます。
  • 消化で胃腸に負担がかかるため、特に回復食時は少量をよく噛んで食べることをおすすめします。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
ミネラルやマグネシウムなど、様々な栄養素が豊富ですが、消化には負担がかかりますので、特に回復食時には少量をよく噛んで食べてくださいね。

食品データベース 「カシューナッツ」
Wikipedia 「カシューナッツ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました