オンライン断食指導

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

【準備食・回復食】豆腐の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

豆腐
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約3分で読めます。

豆知識

「豆腐」と名前を聞くと木綿豆腐や絹ごし豆腐がすぐに頭の中に浮かびますが、実は豆腐には木綿豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐、寄せ豆腐など様々な種類があります。また、焼き豆腐、生揚げ豆腐、油揚げ、がんもどき、凍り豆腐などの加工品もあり、これらは豆腐の一部となります。それぞれで作り方が異なり味わいや食感にも個性があるため、淡白な食品に見えますが実は奥がふかいですね。

栄養成分と効能

ご存知の通り、豆腐は大豆から作られており、100gあたり「約5g」のタンパク質が含まれています。タンパク質は体を形成する重要な栄養素であり筋肉の維持や増強のために必須な栄養素です。また、「イソフラボン」が含まれており女性のホルモンの「エストロゲン」という成分と似た動きをすることがわかっています。加齢とともに減っていくエストロゲンの代わりに女性本来の美しさを保つための栄養となってくれます。さらに、「レシチン」という脂肪燃焼や脳の働きに効果があるとされる栄養素も含まれているため、安価で購入できる食品でありながら実に多くの栄養を摂取することができ、断食においても強い味方になってくれます。

【準備食・回復食】豆乳の栄養価・効能・効果的な飲み方・アドバイス・豆知識
今回は、豆乳の栄養価や効果的な飲み方を記載しました。女性ホルモンと類似した働きをしてくれたり、骨の健康維持といった点でも欠かせない食品です。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。そのまま食べて頂いたり、亜麻仁油を少しかけて食べて頂くと良いでしょう。調理方法も多く存在しますね。

【準備食・回復食】亜麻仁油(アマニ油・あまに油)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
亜麻仁油(アマニ油・あまに油)の栄養価、効能、効果的な食べ方、豆知識等を解説しています。亜麻仁油は山田豊文先生(杏林予防医学研究所)もおすすめしている食材です。意識して積極的に摂取しましょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 一日の摂取量は100~120gほどが目安です。それ以上摂取しても問題はありませんが、お腹を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。
  • 豆腐はすでに様々な食べ方や料理が開発されており、すぐにでも「カンタンに真似できるレシピ」が多くあります。調理によって栄養素が失われる可能性は限りなく低いので気兼ねなく作ってみると良いでしょう。
  • 豆腐とわかめを一緒に食べると、サポニンの摂り過ぎを防いだり、カルシウムの効率的な摂取ができるため、味噌汁の具材として両方を入れるのはおすすめです。
  • 豆腐を主食と置き換えるダイエット法も存在しますが、やりすぎてしまうとエネルギー不足などに陥ってしまうため、ほどほどにしておくか、他の食品も効率的に摂取するようにしましょう
  • 購入の際は、できるだけ添加物の入っていないものを選ぶようにしましょう。
【準備食・回復食】わかめ(ワカメ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
生でも、乾燥でも栄養がさほど変わらないのはありがたいですね。乾燥なら、小分けで少量ずつ使うこともできますね。また、カルシウム含有量はスプーン1杯の海藻>グラス1杯の牛乳で100倍も違うそうです。断食明け、胃腸が慣れてきたら、早めに取り入れてあげたいですね。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
女性ホルモンと似た働きをしてくれるのは女性にとっては嬉しいですね。食べ合わせをすることで、マイナスの面を補ってくれることもあるので、様々な調理方法で、摂取したいですね。

食品データベース 「豆腐」
Wikipedia 「豆腐」

コメント

タイトルとURLをコピーしました