ほうれん草(ホウレンソウ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

食品

豆知識

ほうれん草と聞くと何となく日本原産の野菜である感じがしますが、初めて栽培されたのは現在のイラン付近と言われており日本に到着したのは江戸時代と言われています。

また本来ほうれん草には「東洋種」と「西洋種」で分けられていましたが、今は両方を組み合わせた一代雑種が主流となっています。

栄養成分と効能

ほうれん草には「ビタミンC」や・「ビタミンE」・「葉酸」が豊富に含まれており、「鉄分」も緑黄色野菜の中ではトップクラスに含まれています

鉄分には貧血予防に効果があり、ビタミンC・Eは美肌効果やホルモンバランスを整えるなど様々な効能が望めます。

また葉酸は不足しがちな鉄分の「吸収を促進」してくれる効果もありますので、相乗効果も期待できます。

そしてほうれん草にはβ-カロテンという抗酸化作用や免疫賦活作用(免疫能力を活発化させる)栄養も含まれておりますので、がん予防や視力低下を防ぐなど様々な効能が期待できる野菜となります。

ほうれん草に含まれるβカロテンは一日の摂取量の約40%ほどですので、積極的に食べることにより健康に近づくことができるでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 一日の摂取量は90~100gが目安となります。(市販の1房が約200g)
  • ほうれん草は「シュウ酸」という鉄分の吸収を妨げてしまう成分があり、何もしないで食べるとなるとえぐみの元となります。ですのでおいしくいただくためにほうれん草は茹でていただくことが一般的です。
  • 茹でてしまうと水溶性のビタミンが流れてしまいほとんど栄養をとることができないように思われがちですが、半分以上は残ると言われています。
  • ほうれん草の栄養を逃さないために、電子レンジを使用したり軽く火を通すだけに留めたりするなど、過度に熱を通さない調理法でいただく方が良いでしょう。
  • 飽きずに食べる方法としてサッと茹でてからフードプロセッサーに入れ、様々なフルーツと一緒に混ぜてスムージーとしていただくのもオススメです。
  • オリーブオイルやイワシ、ジャガイモやブロッコリーなどと一緒に食べると高血圧や血行促進に効果があると言われています。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
ほうれん草には、最も多くの代謝に関わるマグネシウムも多く含まれています。野菜類の中ではトップクラスを誇り、総合的に見て非常に優秀な野菜と言って間違いありません。積極的に摂取していきましょう。

食品データベース 「ほうれんそう」
Wikipedia 「ホウレンソウ」

タイトルとURLをコピーしました