オンライン断食指導

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

【準備食・回復食】じゃがいも(ジャガイモ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

じゃがいも
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

ペルー南部に位置するチチカカ湖畔が発祥の地で、日本へは1958年にオランダ人によって持ち込まれたとされています。 江戸時代以降に、米の収穫に不利な山間地や寒冷地で栽培が広まりました。

栄養成分と効能

ビタミンやパントテン酸、カリウム、マグネシウム等、多様な栄養やミネラルを含んでいます。その中でも特に豊富なものがビタミンCです。ビタミンCの含有量はホウレンソウやミカンと同じくらいで、りんごの約3倍含まれています。さらに、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱しても壊れにくいという特徴があります。ビタミンCは強い抗酸化作用をもち、老化の原因である活性酸素の増加を抑えることで、老化や病気から体を守ります。また、体内で病原体と闘う白血球の働きを強化するだけでなく、ビタミンC自らも病原体と闘う働きもあるため、免疫力をも高めてくれるのです。

準備食・回復食での摂取について

摂取可能とされていますが、アルパカファスティングとしてはオススメはしません。じゃがいもは高GI値食品に分類されていますので、回復食初期に摂取する場合には量を少量にして頂いた方が、血糖値の乱高下も少なく、リバウンドの可能性を低くできるでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 1日の摂取量は100g(小1個)程度が目安となります。
  • 含まれるビタミンCは熱に強いですが、茹でると水中に溶け出す性質があるため、味噌汁などの汁物にいれると効率よく摂取できます。
  • 蒸したり焼いたりするなど水を使わない調理が向いていますが、水を使う場合は、皮ごと茹でたり大き目に切ったり、短時間で調理したりすることでビタミンCの流出を抑えることができます。
  • 新じゃがは通常の2倍ほど多くビタミンが含まれていると言われていますが、収穫後は含有率が減少する傾向があるため、できるだけ新鮮なものを選ぶと良いでしょう。
  • じゃがいもの芽や緑色の皮の部分には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているため、調理の際はこれらの部分を十分に取り除くことが肝要です。
  • フライドポテトなど調理法によってはカロリー過多になりますので注意しましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
身近な食材であるじゃがいもは、調理の幅も広く、ビタミンCも豊富に含まれている優秀な食品です。時期によりますが、新じゃがを食べるようにすると良いですね。

食品データベース 「じゃがいも」
Wikipedia 「ジャガイモ」

まとめ 身近な食材であるじゃがいもは、調理の幅も広く、ビタミンCも豊富に含まれている優秀な食品です。時期によりますが、新じゃがを食べるようにすると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました