オンライン断食指導

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

【準備食・回復食】キャベツ(きゃべつ)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

キャベツ
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

キャベツの原産地はギリシャ、イタリアなどのヨーロッパの大西洋、または地中海沿岸と言われています。

栄養成分と効能

キャベツに含まれるビタミンU(キャベジン)は、胃腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進する働きがあるため、胃腸の働きを良くします。また、糖尿病や便秘、吹き出物等にも効果があると言われています。体を守るファイトケミカルのひとつであるイソチオシアネートも含まれています。抗酸化作用があり、がんの発生を抑える効果があるとも言われています。血液の凝固促進や骨の形成に働きかけるビタミンKは、骨粗しょう症の予防に効果があります。さらに、赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められており、妊婦の方や授乳期の母親には積極的に摂取して欲しい栄養素のひとつです。また、紫キャベツ(レッドキャベツ) には、通常のキャベツの1.5倍以上のビタミンKや、抗酸化作用のあるアントシアニンというポリフェノールの一種も含まれているため、キャベツと同様に、紫キャベツもおすすめです。

準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。ファスティング明けの食事は休んでいた胃腸が動き始めるのですが、私たちのGW明けのように負担が大きいので、グリーンスムージーなどの材料にキャベツを加えてあげると、胃腸の働きも少しスムーズになりますね。

準備食にも回復食にもオススメ!グリーンスムージー(青泥)の作り方
準備食および回復食の初期段階においてグリーンスムージーほど優れたメニューは他にはありません。現代人は酵素が不足しがちと言われています。ぜひ取り入れていきましょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 長時間加熱すると、水溶性であるビタミンCやビタミンUが溶け出す心配があるので、生食か、軽く炒める程度がおすすめです。
  • 加熱する場合はスープとして汁も飲むと、溶け出た栄養素を摂取することができます。また、煮たキャベツを食べ続けることで、ガン予防につながると言われています。煮汁も捨てずに一緒にいただくと効能が高まります。
  • ビタミンKやβカロテンなどは脂溶性ビタミンなので、野菜炒めなど油と一緒に食べるのがおすすめです。
  • 海塩とキャベツだけでできているザワークラウト(ドイツ料理)にして食べるのもおすすめです。発酵食品ですので、乳酸菌も一緒に摂取できます。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
生食ができるだけでなく、炒めものやスープなどいろいろな調理方法も楽しめ、食べ飽きずクセもないため、大人から子どもまで幅広い世代の方に好まれる野菜です。

食品データベース 「キャベツ」
Wikipedia 「キャベツ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました