【準備食・回復食】チーズ(チーズ類全般)の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

チーズ
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

一口にチーズと言っても実に多くの種類があります。まずタイプ別に大きく分けると、フレッシュ、ウオッシュ、ハード、セミハード、プロセス、青カビ、白カビ、そしてシェーブルタイプの8種類があります。この8種類のタイプから更に細かくわかれており、最終的にはおよそ数百種にも及びますので全て把握することは困難です。おもなタイプはこちらになります。日本ですとプロセスチーズなどが有名ですね。

栄養成分と効能

チーズには「ビタミン・カルシウム」などの豊富な栄養が含まれています。特にビタミンAが多く含まれており、「免疫力低下防止」などの効果が、また、多く含まれるビタミンB2は髪や皮膚を形成する効果があります。カルシウムには骨の強化など体を支えるうえで大切な効果がたくさん詰まっています。チーズの消費量が多いヨーロッパでは「白い肉」と言われるほどタンパク質が優秀であり、筋肉維持や増強に役立たせることが可能な一面もあります。製法は日本とヨーロッパでは違いますが、栄養に関しましてはさほど違いはありません。

準備食・回復食での摂取について

あまり、おすすめできません。専門家の意見も分かれてはいるのですが、動物性のタンパク質になりますので、避けた方が良いでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • チーズは種類によって食事方法が大きく異なります。水牛から作られるモッツァレラであればカプレーゼ、日本人好みのゴーダチーズであればチーズフォンデュなどがあります。
  • 野菜などと一緒に食べることによって、炭水化物や不足しがちな食物繊維を摂取することができます。また、野菜と一緒に食べる場合は細かくスライスしてドレッシング等をかけるとさらに美味しくいただけます。
  • レンジで焼いてパリパリにし、煎餅感覚で食べても楽しめます。
  • 発酵食品ではありますが、「動物性の食品」となるため断食においては賛否が分かれます。チーズをよく食べる人は食べない人に比べて骨折リスクが4倍に上がるという見解もあります。摂取の際は自分の身体と相談して検討するようにしましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
タンパク質、カルシウムなどの豊富な栄養が含まれるチーズですが、断食明けに関しては、専門家の意見も分かれますので、自己責任において摂取してください。

食品データベース 「チーズ」
Wikipedia 「チーズ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました