オンライン断食指導

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

【準備食・回復食】甘酒の栄養価・効能・効果的な飲み方・アドバイス・豆知識

甘酒
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約2分で読めます。

豆知識

「飲む点滴」とまで言われる甘酒の歴史は古く、最古の文献から探すと日本書紀に名前が載っています。甘味が強くさっぱりしていながら栄養が豊富なため、昔の人も好んで飲んできたのかと思われます。また、甘酒は「季語」でもあり、冬に神社などで配っているイメージがありますが、実は夏の風物詩なのです。しかし、飲み方や時期に決まりはありません。

栄養成分と効能

甘酒は「酒粕」から作られる手法と、「米麹」から作られる手法があるため、それぞれで栄養価が変わります。
酒粕で作られた甘酒は「レジスタントプロテイン」というタンパク質が含まれており、摂取しても消化されにくく、腸内に残ったものと一緒に排泄されます。このため、整腸作用に優れ、コレステロール値を低下させる効果も持ち合わせているため、腸内環境を整えながら動脈硬化などの病気を予防することができます。米麹から作られる甘酒は「ブドウ糖」が主体的な栄養となっており、エネルギーになることから「飲む点滴」と言われてきました。
ブドウ糖は即効性の高い栄養として優秀であり、疲労回復など様々な面で効果があります。
また「エルゴチオネオン」という成分が含まれており、美肌効果もありますので理想の肌を手に入れるための一歩となりますね。

ファスティング(断食)前後の準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。山田豊文先生も摂取についてとても良いものだとおっしゃっています。酒粕から作られる甘酒はアルコールが含まれることもありますので、米麹から作られた無添加の物を摂取していただくのが良いでしょう。また、飲み過ぎはカロリー過多の原因となりますので1日200mlほどに抑えましょう。

効果的な飲み方・アドバイス

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました