【準備食・回復食】アボカドの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

アボカド
準備食や回復食で食べて良い食品・食べてはいけない食品
この記事は約3分で読めます。

豆知識

メキシコの土壌と気候はアボカドと相性が良く、年に4回収穫ができるという非常に生産効率の良い果実です。また、「世界一栄養価が高い果実」とギネスに認定されています。現在は「アボカド」と表記しますが、昔は「鰐梨」と表記されていました。皮のごつごつした部分が鰐の表皮に似ていることからつけられたそうです。

栄養成分と効能

手足の冷え性を改善したり、美肌効果があったりとアンチエイジングに効果を発揮するビタミンEが豊富です。余分な水分を排出するカリウムも豊富であるため、むくみ予防も期待できます。同じく豊富に含まれるビタミンB2は、無駄な脂肪を燃焼する手助けをしてくれます。ごぼうと同程度の食物繊維を含んでおり、腸内環境の改善につながるため、ポッコリお腹の解消に一役買ってくれるでしょう。鉄やリンなどのミネラルが豊富であることも嬉しい一面です。しかし一方で、脂質が多いことは覚えておきましょう。含有量から「森のバター」という異名も持つほどです。ただし、含んでいる脂質の大部分は不飽和脂肪酸の仲間であるオレイン酸です。オレイン酸は血中の善玉コレステロールを変化させずに身体に悪影響をおよぼす悪玉コレステロールを減らしてくれ、身体にたまりにくいという特徴もあります。

準備食・回復食での摂取について

摂取可能です。ただし、カロリーが非常に高い点から、回復食の初期には摂取を避けて頂いた方が、リバウンドの可能性を下げてくれるでしょう。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 生で食べる場合は、十分に熟しているものが良いでしょう。皮が黒っぽく、弾力のある柔らかいものを選び、スライスしてわさび醤油でいただくと美味しく召し上がれます。
  • 生食がおすすめですが、加熱する場合は皮が硬く緑がかったものを選びましょう。
  • 一日に半分程度で必要な栄養素は摂取できます。
  • アボカド1個でバナナ3~4本分のカロリーがありますので適量を心掛けましょう。
  • 切って残りを保存する場合は、種をつけたままにするのが良いです。すぐにラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保管してください。1~2日は保存できます。
  • 早熟のものを熟させたい場合は、20度前後の場所に2~3日置いておくと、徐々に色が黒くなり食べごろになります。
  • 天然ゴムにアレルギーがある方は要注意です。アボカドのタンパク質は天然ゴムのタンパク質と構造が似ているため、アレルギー反応が出る場合があります。必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
アボカドは森のバターと呼ばれますが、ファスティング明けに脂肪分が欲しいと思ったら、ぜひ、動物性の脂質ではなく、アボカドを食べてほしいです。ただし、やはり、脂肪分は多いですので、摂取のし過ぎには注意です。

食品データベース 「アボカド」
Wikipedia 「アボカド」

コメント

タイトルとURLをコピーしました