山田先生おすすめ!マグネシウム玄米ごはんの作り方

玄米おにぎり
断食(ファスティング)中の食事
この記事は約2分で読めます。

杏林予防医学研究所山田豊文先生がおすすめされている、「マグネシウム入り玄米ごはん」を紹介します。

マグネシウム玄米ごはんとは

玄米炊飯時にマグネシウムを加えたごはんです。以下の特徴があります。

不足しがちなマグネシウムを簡単に補給できる

土壌の養分の低下から農作物の栄養価も減少していると言われています。特にマグネシウムの減少は深刻です。炊飯時にマグネシウムを入れることで、特に欠乏しがちなマグネシウムの不足を簡単に補うことができます。

おにぎりに最適!ぱさつきがちな玄米がもっちり

白米と比べてどうしてもパサつきがちな玄米ですが、マグネシウムを入れることで、もっちり粒が立った美味しい玄米に炊き上がり、冷めてもおいしく食べることができます。おにぎり・お弁当にぴったりです!

どんな食材とも相性抜群!バリエーションが楽しめる

玄米と一緒に炊いても、マグネシウム特有の苦みは気になりません!おかずの味を邪魔しないのはもちろん、豆やひじき、根菜などと一緒に炊き込むのもおすすめです!さらにマグネシウムが強化されます!

【準備食・回復食】玄米の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
玄米の栄養価、効能、効果的な食べ方、豆知識等を解説しています。食物繊維、ミネラルともに豊富な玄米を食事に取り入れましょう。

山田式玄米ごはんの作り方

材料

作り方

マグネシウムを添加

  1. 玄米を洗い、通常通りの水加減にする。
  2. 液体のマグネシウムを加えます。
  3. 通常通り、炊飯を行います。
  4. 粗熱をとり、おにぎりにしたら、十分に冷やしましょう。

使用しているのは、グレートマグネシウムです。

ファスティング(断食)時にグレートマグネシウムを摂取するメリットと効果的な使い方
現代人に不足しがちと言われているマグネシウムですが、ファスティング(断食)時には特に不足しがちです。300種類の酵素の補酵素として必要とされるマグネシウムを効率的に摂取してあげることで、ファスティングの効果を高めてあげましょう。

ポイント

せっかくのアツアツご飯を冷やすことに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、ご飯を冷やすと『レジスタントスターチ』という成分がアップします。レジスタントスターチは大腸の腸内細菌のエサとなり、腸の健康をアップしてくれる嬉しい成分です。

太りにくい白米の食べ方~レジスタントスターチ~
ファスティングで一番大事といわれている回復食ですが、食べるのに良いと言われている玄米は苦手。だけど、ご飯だって食べたい!そんな方に。また、ご飯を食べたいけど、太りにくい食べ方はないかな?とお困りの方にもおすすめの白米の食べ方を動画とともに紹介します。
オンライン断食指導モニター

断食道場のプログラムをそのまま自宅で。
- モニター募集 -

断食アルパカをフォローする
断食道場オンライン

コメント

  1. […] ・玄米ご飯 ・きのこのお味噌汁 ・葉野菜の白和え […]

  2. […] 山田先生おすすめ!マグネシウム玄米ごはんの作り方杏林予防医学研究所の山田豊文先生がおすすめされているマグネシウムを加えて炊き上げる玄米のレシピを紹介します。マグネシウム […]

  3. […] ファスティング(断食)時にグレートマグネシウムを摂取するメリットと効果的な使い方現代人に不足しがちと言われているマグネシウムですが、ファスティング(断食)時には特に不足しがちです。300種類の酵素の補酵素として必要とされるマグネシウムを効率的に摂取してあげることで、ファスティングの効果を高めてあげましょう。fasting-tips.com2020.05.23山田先生おすすめ!マグネシウム玄米ごはんの作り方杏林予防医学研究所の… […]

タイトルとURLをコピーしました