ポップコーンの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

ポップコーン食品

豆知識

日本でも映画のお共として定番ですね。実は元々ネイティブアメリカンの食糧として好まれていた歴史があります。現在のように映画館に持ち込まれ定番化するようになったのはおよそ100年前のアメリカであり、映画館を存続させる策として導入したところ爆発的に広まりました。それ以来日本でも徐々に浸透し始め、コンビニやスーパーなどでも手軽に購入できるように進化を遂げています。

栄養成分と効能

菓子として認識されているため健康によくないと思われがちですが、実は間違いがいくつかあります。まずポップコーンは100gで480kcalとなりますが、腹持ちがかなりよいです。映画館で飲み物と一緒にポップコーンを食べた時に満腹感を感じたことがあるのではないでしょうか。さらに、ポップコーンは自作しますとカロリーを抑えることができますので調整が可能です。また、食物繊維が豊富に含まれておりますので腸内環境にも良い影響を与えて、お通じも悪くなりません。「不溶性の食物繊維」ですので腹持ちのよさの理由としても挙げられますね。原料であるとうもろこしにはポリフェノールが含まれておりますので、動脈硬化や老化防止の効果も期待できるのです。嫌厭されがちなポップコーンですが、意外にも多くの栄養が含まれているのです。

効果的な食べ方・アドバイス

  • 市販のものは油や添加物が多く使用されていることが多いので、乾燥トウモロコシをフライパンで調理するなどして自作をすると、油や味付けの調整ができ、カロリーだけでなくコストも下げることができます。
  • キャラメルなどがかかっているものもありますが、その分余分にカロリーや脂質が増えてしまいますので、できるだけ避けるか、食べ過ぎないようにしましょう。
  • 腹持ちがよくとも、一食をポップコーンに置き換えるなどは避け、バランスよく適量を食べるようにしましょう。

まとめ

断食アルパカ
断食アルパカ
アドバイスにもありますが、置き換えの食品にするのではなく、バランスの良い食事を摂り、どうしても食べたくなった時の間食の一つとして取り入れてくださいね。

食品データベース 「ほうれんそう」
Wikipedia 「ホウレンソウ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました